こんにちは、くろね(@kurone82606706)です。

幸福の科学の新作アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」を観てきました。

 

公開されて約2週間ですが、遅れて観に行ったのは、特に期待していなかったから。

最近の幸福の科学映画はちょっと受け付けなかったので、辛口評価をする前提で映画館に行きました。

 

今回は、「宇宙の法ー黎明編ー」のレビューをします。

映画「宇宙の法ー黎明編ー」レビュー

まず、夕方の上映時間で観たのですが、100席くらいある劇場で、観客は10名足らず。

これはいつもと同じ程度なので、予想通り。

 

観客の年齢層は、50代あたりの女性が多く、おそらく幸福の科学の信者さんかなと思います。

 

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、その名のとおり宇宙が舞台で、宇宙人も出てくる設定。

初めは、「あ〜、また悪を正義が倒す流れなのかな」と、斜に構えて映画を見始めました。

 

しかし、「宇宙の法ー黎明編ー」が始まってすぐに違和感が。

明らかに、いつもと映画の様子が違います。

 

どう違うのかと言うと、序盤からのストーリーが、全く予測できない。

最近の幸福の科学映画は眠たくなるような単調な話の流れが多かったため、驚きました。

 

その後、中盤からエンディングまで読めない展開が続くことに。

映画の終わり方も非の打ち所がなく、鳥肌が立つほど。

 

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、最近観た「カメラを止めるな!」の百倍面白く、ジブリ映画がかすんで見える程のクオリティでした。

 

以下に、私が幸福の科学のアニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」をおすすめする理由を述べます。

念のため、おすすめは幸福の科学会員さん以外の、宗教嫌いの方々も含めて。

 

大川宏洋氏の幸福の科学ネガティブキャンペーンのおかげで足を引っ張られていますが、

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は子供向けの二流・三流アニメ映画ではありません。

 

以前、幸福の科学映画をこのブログで酷評した私なので、この記事も本音です。

「宇宙の法ー黎明編ー」、今、観に行かないと後悔しますよ。

アニメ映画「宇宙の法」を宗教嫌いにもオススメする3つの理由

私がアニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」を宗教嫌いにもオススメする3つの理由は次のとおり。

理由1.映像のクオリティが完全にジブリやピクサーを超えている

申し訳ありませんが、「宇宙の法ー黎明編ー」の映像クオリティは、完全にジブリやピクサーと同等か、それ以上です。

これだけ美しく迫力のあるアニメ映像を、私は観たことがありません。

 

映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、日本公開前にアメリカ映画祭で上映され、アニメ部門最高賞を受賞したとのこと。

 

私は、この受賞について、「裏で献金とかしたのかな」と若干疑っていたのが本音です。

しかし、いい意味で予想を裏切られました。

 

ごめんなさい。

 

映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、ジブリやピクサーに劣らない映像クオリティで、これだけでも一見の価値があります。

心を奪われる絵画のような映像と言えば、お分かりいただけるでしょうか。

理由2.映画のストーリーが読めないため、最初から最後まで楽しめる

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」をオススメする2つ目の理由は、ストーリーが読めず、最初から最後まで楽しめる点です。

これは、今までの幸福の科学映画にはありませんでした。

 

これまでの幸福の科学映画は、お世辞にも会員さん以外に自信を持ってお勧めできるものが少なく、私は恥ずかしくてほとんど誘えなかったのが事実。

しかし、アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、「カメラを止めるな!」のように展開が読めず、「カメラを止めるな!」以上に面白い映画でした。(笑)

 

もちろん、映画の評価や感想は人によって異なります。

私が気持ち悪いだけで大して面白くないと感じた「カメラを止めるな!」も、最高評価をつける人はいるでしょう。

 

それも踏まえて、アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、私が自信をもって最高評価をつけられる映画でした。

笑いあり、涙ありの、完成度の高い作品です。

 

もし、私が宗教嫌いで、アンチ幸福の科学なら、この映画を観ようともしなかったでしょう。

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」を観終わった瞬間、幸福の科学と出会っていて良かった、とつくづく思いました。

理由3.人生で知っておきたい思想がちりばめられている

3つ目のおすすめ理由は、アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、人生で知っておきたい思想がちりばめられている点です。

 

残念ながら、ほとんどの映画は単に笑わせるだけだったり、驚かせるだけだったり、ハラハラさせるだけだったりします。

深い学びのある映画は非常に少ないのが現実です。

 

もちろん、勇気や友情、愛などは大切な思想ですし、幸福の科学も同様に大切にしています。

しかし、人生の疑問に答えるような深い内容の映画は全体の1%もありません。

 

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は、人生で知っておきたい思想を学べる、100分の1の映画です。

愛はもちろんですが、宇宙の成り立ちや善悪についても学ぶことができます。

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」を観ようか迷っている人へ

アンチ幸福の科学や宗教嫌いの人にとっては、「映画を観ると洗脳されるんじゃないか」という不安があるかもしれません。

しかし、そんな心配は無用。

 

映画監督の今掛勇氏は、「キャプテン翼」「新世紀エヴァンゲリオン劇場版シト新生」「ルパン三世DEAD OR ALIVE」などの有名作品を手がけた人。

幸福の科学映画の前作「UFO学園の秘密」や「さらば青春、されど青春。」は正直おすすめしませんが、アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」は激推しします。

 

幸福の科学映画は、上映期間が終わると、レンタルショップにはなかなか置いてもらえないため、「宇宙の法ー黎明編ー」を観れる機会はごくわずか。

そのため、少しでも気になるのであれば、今すぐ映画館に足を運んで「宇宙の法ー黎明編ー」を観られることをおすすめします。

 

アニメ映画「宇宙の法ー黎明編ー」を観ると、あなたの幸福の科学に対する印象が一変しますよ。

おすすめの記事